© 2019 by Fast Esthe.

当店は医療機関との提携により、安心してご利用いただけるセルフエステサロンです。

〒590-0077 大阪府堺市堺区中瓦町1-3-6 301

介護脱毛を

ご存じですか?

介護脱毛の

メリット

更にまだまだメリット!

2025年には国民の5人に1人が75歳以上の後期高齢者になる日本。自宅で療養する在宅介護もますます増えると見込まれる中、今、介護を受ける前の世代に注目されているのが「介護脱毛」です。将来自分が介護されるときに備えて行うアンダーヘアの脱毛のこと。

40代・50代からの脱毛が増えている

もし介護される側になった場合、トイレやオムツ交換など、他人にデリケートゾーンを清潔にしてもらうことになるので、少しでも相手に負担をなくしたいと考え、VIO脱毛をする方が多い。いわゆる「介護脱毛」。オムツの中は蒸れやすく、毛に汚れがついたまま蒸れてしまうと細菌が繁殖し、感染症を引き起こすこともあるので、清潔を保つためにデリケートゾーンの脱毛をする方が近年増えている。

アンダーヘアがあることで蒸れが生じ、細菌の繁殖による臭いやかぶれ、細菌感染症や尿路感染症を引き起こしてしまう可能性もあります。また、カミソリで毛を剃る、除毛クリームなどを使ってムダ毛処理をするなどの自己処理は、肌表面の角質層に負担をかけ、カミソリ負けや埋没毛、色素沈着などの肌トラブルや、自己処理後の傷から雑菌が入り、炎症を起こしてしまうこともあります。

1.排泄介助時に助かる

寝たきりになってしまった際に、排泄によってオムツの中は便や尿でいっぱいになります。

介護してくれる相手は自分の子供かもしれませんし、プロである介護師さんかもしれませんが自分以外の人にそんな姿を見せるのは抵抗がありますよね。ですが介護脱毛、VIO脱毛をしてしまえば排泄介助をされる時にとても楽ですし、臭いやムレもかなり軽減されます。

2.衛生的によい

デリケートゾーンに排泄物が残るとそこから炎症をし感染症になる恐れがあります。VIO脱毛をすることによって感染症にかかってしまう確率は低くなります。

臭いやムレも軽減されるので、自分自身快適でいられるのもよいです

3.白髪になる前の今だけ処理ができる

年齢を重ねるにつれて、アンダーヘアも白髪になります。白髪になってからだと脱毛ができません!現在のエステ系の脱毛機器は白髪に反応しません。毛が黒い内に脱毛をお勧め致します。

1.ムダ毛を気にせず下着や水着のおしゃれを楽しめる

毛のはみ出しの心配がなくなり、布地と肌の密着感が高まるため、下着(水着)を履いたときアンダー部分のラインがきれいに見える。

2.黒ずみや埋没毛など、自己処理トラブルからの解放

毛抜きやカミソリなどで自己処理を続けると色素沈着などを起こしやすくなるが、医療脱毛をすることによって自己処理による肌トラブルから解放される。

3.雨の日や生理中の不快感からの解放

梅雨がある日本では生理中以外にも、デリケートゾーンのムレ・ニオイが気になるところ。生理の分泌物がムダ毛に付着することで雑菌が繁殖しニオイなどの原因になるが、ムダ毛がなくなることによって快適に過ごせる。

結論!

セルフエステで

全て解決!!